体形がより気になる薄着の季節が近づいてきました。
スタイルがよくっておしゃれな方を街で見かけると惹きこまれますよね。
帰宅後、鏡に映る自分のちょっと余計なお肉のついた姿をみてテンション下がることもあります。

そこで体形の違いはどうしておこるのか?を考えていきたいです。

生活習慣とどんな関係があるの?

太るメカニズムという面でどんなことがあるのか?あげていきます。
実は、生活習慣は人間の体のメカニズムでは大きな影響力があります。

昔から早寝・早起き・朝ごはんなどということがいわれています。
このフレーズは、本当に的をえています。

人間の健康に生きるメカニズムのリズムに関係しています。

質のよい睡眠は、代謝をよくします。
そのためにも早寝・早起きとはいわずもがなきちんとした時間に寝て、朝もすっきりおきたいものです。
あわせて、運動も取り入れると代謝がよくなります。
運動も無理なものはアウトです。
日常生活で面倒くさいといわずにこまめに動くことが積もり積もってきます。

太らないために規則正しい生活をするという気持ちをもつとストレスになります。
自分の心地よいメンタルを持つための生活習慣を!という気持ちでいてください。

朝、すっきりとした気分が持てると仕事もはかどります。
いままでのストレスが軽減してきます。

いままでの太る生活習慣をみなおしてみましょう。
できることから無理のないことから実行しましょう。

太る食べ物

「太る食べ物思い浮かべてください。」と質問します。
すると、だれもが「甘いもの」!「油もの」!と思い浮かべるでしょう。

太るからといってこれらをすべて食べないと体のメカニズムにとってよくありません。

糖質は脳の働きにとって大切な役割があります。
脂肪分も便秘にならないために必要です。

大きく「糖質」「脂肪分」をあげました。

これらの太る食べ物は同時に食べると太るというメカニズムをうみます。

太る食べ方

太る食べ方というとおそらく甘いものや脂肪を思いうかべると思います。
ダイエットがしたいと思うときは、これらをすべて排除してしまおうと思いがちです。
ところがこの気持ちが太るにつながるのです。

これを絶対に食べない!という気持ちがかえってメンタル面にストレスを生じます。

甘いものや脂肪を禁止してかえって反動で一気に食べることが太る食べ方になってしまいます。

いくらストレスをためないようにといっても「糖質(甘いもの)」と「脂質(油もの)」を同時に食べることは、太る食べ方の代表です。

太るメカニズムとは~まとめ

太るメカニズム逆に太らないメカニズムを考えると
無理なくダイエットができます。

ダイエット中だから我慢する!
というしんどい方法は、リバウンドします。

そしてそのダイエットは、長続きできません。

糖質や炭水化物と脂質(油分)を一緒のタイミングでとらない
などの食べ方をするなどが一つのポイントです。



【あなたへのおススメ記事】
無理なくダイエットするなら
黒汁ブラッククレンズがおススメ♪

↓↓↓
黒汁kurojiruブラッククレンズのダイエット効果